お知らせ

年間行事

子どもの生活のリズムの負担にならない範囲で取り組んでいます。親子参加の行事は、保護者とのふれあいを目的として大切にしています。

はなみずき会(保護者会)

保護者同士のふれあいや保育士とのふれあいを大切に、お茶会やわらべうたの会など、交流を図りながらコミュニケーションを大切に楽しんで行っています。また、災害に備えて保護者参加の引渡し訓練も行っています。会の終了時にはアンケートにご協力いただき、会の評価や要望等を伺っています。

(令和3年度のはなみずき会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の為、1回だけの開催となりました。)

食育

食育を通して、子どもたちに季節や食文化を伝えることを大切にしています。
◎野菜栽培をしています。野菜嫌いな子どもも、自分で育てた野菜は友達と一緒に喜んで食べています。
 夏野菜…きゅうり・ピーマン・オクラ・スイカ
 冬野菜…ラディッシュ・ブロッコリー・カリフラワー・サンチェ等…
◎たけのこや空豆の皮むき。ぶどう狩りや、親子でのいもほりなど体験しています。
◎季節の行事に合わせた、おやつや手巻き寿司作りなど…
※食育の取り組みの様子は、保護者のお迎え時間にパソコンを用いて映像を流しています。

職員研修

職員の資質向上には、力を入れています。園内では、クラス別、研究テーマ別に職員が小グループに分かれて勉強会を行う他、県内外の研修会にも参加することで、専門性の向上に努めています。
また、当園主催で、県内外の保育士を対象に乳児保育学習会や公開保育を開催しています。他園との交流を図りながらお互いに学び合ったり、地域の人材育成として愛媛大学と連携し教育学部生や大学院生とも協力したりすることで、幅広い学びとなっています。

乳児保育学習会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、2回とも中止となりました。

保育園の自己評価等

  • 『保育所における自己評価ガイドライン』の改訂がなされ、当園も『保育園の自己評価』並びに『保育士等の自己評価』に取り組んでいます。
  • えひめ乳児は、市内の保育士を招いての、“乳児保育学習会”や“えひめ乳児公開保育″を独自で開催しています。
    参加者の皆様には終了時アンケートへのご協力を頂き、会の評価をもらうようにしています。参加園には、集計結果を文書にてご報告しております。
  • 保護者の皆様には、“慣らし保育”や“保育参観”の折に、アンケートで評価を頂いています。各クラスはその時の模様を紙面で掲示し保護者に公表しています。
  • 年度末には、卒園児・転園児の保護者対象に、園の取り組みなどを伺うアンケートを実施しております。(アンケートの詳細をご覧ください。)

※様々なご意見を頂くことは、保育士等の保育の振り返りとなり、保育の質の向上となっています。今後も、学び続けていきます。

苦情解決

入所児の保護者等に対して苦情解決の仕組みを周知しており、第三者委員を設置して適切な対応を行っています。

苦情解決の状況(令和3年度)
当法人で受け付けた苦情内容については下記の通りです。

苦情の内訳 苦情の内訳
保育の内容に
関わる事項
個人の嗜好・選択に関わる事項
制度・施策・法律に関わる要望
その他
申出人 保護者・家族 0 0 0 0 0
その他 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0

社会福祉法人 後世福祉会

えひめ乳児保育園

〒790-0823
松山市清水町4丁目23番地
TEL:089-925-1417
FAX:089-925-1740
E-mail:nyuji@guitar.ocn.ne.jp

子育て支援・育児相談

TEL:089-925-1417
【受付時間】
8:30~17:00(月~金曜日)
E-mail:kosodate@orion.ocn.ne.jp

※メールは随時受付しておりますが、返信がない場合はお手数ですがお電話で直接お問い合わせください。